読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綺麗なものだけ見ていたい

ずっと好きでいたいから @ryuuuuu__818

はじめてしまった。

Twitterでジャニ垢を作るだけには留まらず、ついにはてなブログにまで手を出してしまった。

衝動的に始めてしまったものの、何を書けばいいのかよく分からないのでまずは「何故私がジャニーズにハマったか」を書いていこうと思う。文才も無く、纏める力も無いので冗長な文になると思う。時間に余裕がある方のみ、良かったら読んでいただきたい。

 

私はいわゆる掛け持ちで、キスマイ(横尾担)、ジャニスト(重岡担)である。あとは昔ゆるく応援していたので嵐も好きだ。それを踏まえてどうぞ。

 

始まりは、2003年に放送されたテレビドラマ、「よい子の味方」だ。保育園が舞台の、嵐の櫻井くん初主演連ドラ。ここで当時幼稚園生だった私は櫻井くんが演じる「太陽先生」に惚れてしまい(多分顔で)、近所の雑貨屋で非公式の櫻井くんグッズを買ってもらいまくった思い出がある。でもまだ嵐の存在は知らなかったし、そもそもジャニーズというものもよく分かっていなかった。

 

時は流れ、2007年。私は太陽先生の事も忘れ立派な2次元オタクになっていた。学校では男子とド○ゴンボールの話に花を咲かせ、家でも歴ゲー(戦○無双とか)ばっかりやってた。そんな中出来た友達の一人に、ジャニヲタがいたのだ。その子は始め、同じくド○ゴンボールが好きということで意気投合したのだが、ある日その子の家に遊びに行くと嵐のポスターが所狭しと貼られていた。
当時は花より男子ブーム真っ只中。さすがの私も、全員のフルネームは言えないまでも嵐という存在は知っていたし、自分自身アニメやゲームのキャラにガチ恋をしていたので特に引くわけでもなく(へーこの子嵐好きなんだ)くらいにしか思っていなかった。

 

しばらくして、母親(ミーハー)が嵐のベストアルバム「All the BEST! 1999-2009」を買ってきた。当初は特に興味は無かったが、母親が車で流しまくるもんだから影響されやすい私はすっかりこのCDを気に入ってしまい、気付けば自分のウォークマンに入れていたのだ。確か「PIKA☆NCHI」がお気に入りだった。アニソンやら昔のJPOP(親の影響)しか入っていなかった私のウォークマンに、初の新しいJPOP、しかもジャニーズが加わった。
早速学校でも先程の友達や他の嵐が好きな子にそれを伝えるとかなり喜ばれ、曲の事以外にもメンバーの良いところなど、嵐の良さについて教えてもらい、ますます嵐が好きになった。

 

それからは嵐の看板番組「ひみつの嵐ちゃん!」も毎週チェックするようにもなり、時々気になる特集があれば嵐のページしか見ていなかったが、ドル誌も買うようになった。
しかしやはり私の「一番の趣味」は2次元で、それは揺るがなかった。ゲームに疲れた合間に曲を聴いたりドル誌を読んだりと、ゆるーく応援していたのだ。

 

しかし小学校を卒業する頃、すっかり嵐にハマった母親が「私の名義で」嵐のファンクラブに加入、コンサート等に応募を始めた。そしてついに2012年1月3日、「ARASHI LIVE TOUR "Beautiful World"」に参戦。地元に来た演歌歌手を除けば初のコンサートであった。私は当時2次元から一旦離れ芸人*1にハマっていたものの、普通に楽しめた。それからワクワク学校へも何度か入学したし「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」にも参戦した。他のツアーは、応募したものの普通に当選しなかった。ちなみに私は小学生時代からその時点までは「一番好きなのは大野くんか櫻井くん」と1人に絞れず揺れ動いていた。結局未だにこの2人は決着が着いていない。

 

そして昨年2015年、知り合いから「キスマイのコンサート一緒に行かない?」と誘われた。「2015 CONCERT TOUR KIS-MY-WORLD」である。当時私は大学受験真っ只中ではあったが、私生活で色々あって学校も不登校に近い状態で、毎日ただ塾に通うだけの日々を過ごしていた。その時の唯一の癒しは薄○鬼(芸人ブームは1年足らずで終わった)。相変わらず2次元オタクだったし、嵐ならともかくキスマイなんて名前しか知らなかった。藤ヶ谷くんと玉森くんは苗字と顔しか分からなくて、他には宮田くん。私と同じラブライバーという点だけ知っていた。それ以外のメンバーは全く分からない。そんな状態なので初めは断ろうと思っていた。しかし毎日塾と家を往復するだけの生活に疲れ切っていた私は、気分転換になるかもという気持ちでその誘いに乗ったのだった。

 

コンサート当日。あとから知ったのだが、その日はツアー初日だったようだ。
制服にすっぴんという、今の私ではありえない格好で参戦。誘いに乗ってから当日までは一応「KIS-MY-WORLD」も聴いたし、ベストアルバムである「HIT! HIT! HIT!」も聴いた。知らない曲もかなりあったが、結構楽しかった。

 

さて、ここからが本題である。私はペンライト(7人それぞれのメンバーカラー+白に光る)を終始紫に光らせていた。初日の為か、まだ「近くに来たメンバーのカラーに光らせる」という風習も無く、みんな各々好きな色に光らせていたのだが担当がいなかったにわか以下の私は「同じラブライバーだから」という理由だけで宮田くんを応援するスタンスをとったのだ。
色々な曲が流れ、振りやC&Rに付いていけなくてあたふたしていると、一人のメンバーが目に留まった。横尾渉である。その時私が思ったのは、「かっこいい!」でもなく、「かわいい!」でもなく、

「あれ、この人見たことあんぞ」

だった。そう、私は以前Mステで舞祭組が登場した際、「うわーこの人タイプだなーでも歌下手だなー」と思っていたのだ。(超失礼)舞祭組がキスマイのメンバーで構成されていることなんて知らなかった私は、それに気付いてからはひたすら横尾さんを目で追った。ペンライトは相変わらず紫に光っていたが。帝王衣装に身を包んだ横尾さんはもうまさに帝王だった。自分でも何を言っているかよく分からない。とりあえず、かっこよかったのだ。

 

コンサートを終え、電車でキスマイについて調べまくった。全員の名前も覚えた。コンサート前に千賀くんの事を「ちがくん」と読んでいた私は「せんがくん」と読めるようになった*2。そして画像やらを漁ったり、キスブサを見ているうちに「あーやっぱ横尾さん好きだなー」ってなった。決定打はよく覚えていないが、多分動物好きだったり料理男子だったりするところだったと思う。元々そういう男性が好みだったのかもしれない。決定打を覚えてないくらい、いつの間にかハマっていたのだ。気が付けば私の待ち受けは「薄○鬼の新八」から「わたたい*3」になっていた。塾に行く前、帰りの車、寝る前…ずっとキスマイを聴いた。カラオケでもラインナップは専らキスマイ。中古屋で過去のCDも買い漁った。キスマイのメンバーが出演するテレビは全てチェックした。関西だと放送していないものも多くて憤慨しまくった。2次元オタク時代は親に趣味の話をすることは無かったのだが、嵐好きな親ならいける、とキスマイトークを繰り広げた。軽く引かれるくらいには。

 

そんなこんなで私はジャニオタデビューを果たした。Twitterのプロフには「地球魂で横尾さんに担降り」と書いているが、担降りという程でもない。ちなみに今でも嵐は好きだし、ファンクラブは私がキスマイのファンクラブに入会したのと同時に親が新たに入会した。

 

そして今なかなかアツイのが、ジャニーズWEST。きっかけ(?)は昨年の9月だったか…?たまたまテレビで「ドヨルの妄想族」を見た。キスマイが好きとはいえ、まだまだ他のグループのことは全く分からなかったので、冒頭のトークを見ても、以前から親が「この子の顔めっちゃ好きやねん」と言っていた重岡くんしか分からなかっ…

 

ん???

この人見たことあんぞ(再)

 

1人見たことある人がいた。ジャニーズWESTのビジュアル担当こと、藤井流星くんである。名前は知らなかったので、とりあえず彼の顔を見た時私は「今村やん」と言った。そう、私は彼が主演を務めたドラマ「アゲイン!!」を見ていたのだ。原作が好きだったから。そうか、今村はジャニーズだったのか…と思いつつ視聴。

 

何だこれ???クッソ面白いんだが???

 

となった。重岡くんが自殺しようとする女性を引き止める話と、オネエな濱ちゃんの話だった。もうほんと笑った。あと小瀧くんかっけえなってなった。これからは毎週見ようと誓った。*4 それでもまだ、他のテレビをチェックするわけでもなく、ドル誌でジャニストのページを見る訳でもなく過ごしていて、2015年は終わった。

 

2016年3月。相変わらずキスマイ尽くしの日々を過ごしていたのだが、久々にTwitterのジャニ垢(殆どインしてなかった)で情報を集めていると、どうやら近々ジャニストが大阪でコンサートをするらしい。*5へぇー、気になるなあ。と思ったのだが、もちろんチケットを手に入れることは出来なかった。それから、(そういえばジャニーズWESTってええじゃないか以外にどんな曲歌ってんの?)と思い、軽く調べてみると、ある一つの曲のタイトルが気になった。

 

アカンLOVE〜純情愛やで〜

 

何だこれwwwwとなったのだが、歌詞を見てみると何だか少し切ない歌だった。どんな歌だろうと思い調べると、少クラでの動画を発見。重岡くんは何故か居なかったが*6、パラパラを踊る6人に何故かとてつもなく惹かれてしまった。そこからおすすめ動画的なリンクから「ジャニーズWESTをあばけ」も視聴、妄想族の時も思ったが本当に面白かった。

 

それからはもう急な坂道ってくらい落ちていき、今に至る。ジャニショで写真を買い占め、CDも買いまくっている。ちなみに何故重岡くん担当になったのかはよく分からない。はじめに親が「この子の顔めっちゃ好き」と言った時も、「ふーん」と返しただけだったので、多分顔ではない。しかし今重岡くんのことはアイドルとしてはシンプルに大好きだし、重岡くんが本当はどんな性格なのかとかは正直わからないけれど、アイドルへの姿勢だったりメンバーへの思いだったりと人間としても尊敬している。横尾さんもそうだ。物議を醸した裸の時代も読んだ。もっと横尾渉を好きになった。

 

私は今、いわゆる掛け持ちだ。いつかはどちらか選択しなければならないのかもしれない。実際、金銭的な理由だったり、ちょっとした後ろめたさ*7で悩むことが多々あるのだ。しかし私は担当の2人以外の各メンバーも大好きだし、これからも応援したいと、現時点では思っている。故に当分担降りは無い。だろう。

 

幼稚園の頃から今まで、ざっとジャニーズに関することを書いてみた。読み返すと長過ぎだしつまらなかったけれど、もしもここまで読んでくださった方がいれば、本当にありがとうございます。

 

これからこのブログでは、Twitterでは書ききれない事や何かを語りたくなった時、気ままに更新していこうと思っている。飽き性なので不安なところもありますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

*1:ピ○ルの定理全盛期

*2:マジでごめん

*3:藤ヶ谷くんと横尾さんのコンビ

*4:それからすぐ終わっちゃったけど…

*5:ラッキィィィィィィィ7

*6:歯医者

*7:あくまで私の話で、他の掛け持ちさんを否定する気は一切ありません