綺麗なものだけ見ていたい

ずっと好きでいたいから @ryuuuuu__818

担降り後の人間関係+α

どうも!せっかく一年間の休学から復帰したのに中途半端に楽チンな時間割を組んでしまったせいでサボり癖がえげつなくて二度目の留年をしそうな私です!自己嫌悪がやばい!けどどうにもならない!

約一年間フリーターみたいに働き続けて、対人能力とか色々身に付いたと思ってたんだけどな。現実ってそんなに甘くなかった!学校みーんな知らない人だし!せっかくゼミの女の子が一人ジャニーズWEST好きな子いたのになんか気まずくて(年下だからとかじゃなくてわたしの性格のせいだと思う)仲良くなれませーん!イエーイ!見てるゥー*1!?

休学中は約五年間()片思いしてる相手の職場に突撃したりもしつつ(普通に楽しくお話して終わったよ!)、ジャニオタとしてもちゃんと(?)オーソレ番協以降もちまちま活動していました。まちけんの番協に行ったりA.B.C-Zの現場にお邪魔したり!楽しかったです!!肝心の自担にはなうぇすと以降会えてないけどな!

 

本題に入ります。こっからテンション爆下がりします。てかさっきの近況報告はマジであのテンションじゃないと話せない

掛け持ちオタクだったわたしですが、今までの記事で散々話したように一月、三月と立て続けに担降りをしました。詳しい理由とかは別の記事で。あ、そういえばジャニーズWESTの方の担降り記事が他の方のブログの担降り特集で紹介されていました。ありがとうございます。

Kis-My-Ft2ジャニーズWEST。異なるグループの二人を掛け持ちしていて、キスマイは完全に降りてジャニーズWESTは他のメンバーに降りた。そこからは自担を完全に一人に絞って彼の為だけに働くオタクにジョブチェンジしたのですが…。

担降りブログでよく見る、「担降り後の人間関係」。自分自身の担降り記事では「皆が仲良くしてくれたのは以前の○○担のわたしなわけで…。とりあえず、Twitterのアカウント作り直しますわ〜」くらいの記述しかしてなかった。考えてはいたけれど、そんなにしっかりとは考えていなかったのかもしれない。

 

キスマイの場合。

グループ降りた方。こっちは現場を共にする仲間がリアルでいる。Twitterのフォロワーとかじゃなくてガチの友人。そんな彼女たちに、わたしは

降りたことが言えない。

降りる前に参戦決定したライブツアー。そこでの、

ちょくちょく会う程度の友人「そういや最近キスマイのこと話してるの聞かないけど、やっぱジャニーズWESTにお熱なの?」

ジャニーズWESTにお熱というか、以前のように彼を見られなくなったというか…。

約一年ぶりに再会、わたしの担降り理由であるスキャンダルをご存知の友人「さえちゃん、ここにいるってことはあの騒動を乗り越えたんだね…!」

乗り越えられなかった。わたしには無理だったんです。でもそんなことコンサート直前の楽しそうにしている友達の前で言う度胸がなくて、曖昧に笑うことしかできなかった。結局コンサートが終って数ヶ月経った今も。現場での彼は、相変わらず笑顔は少ないし省エネダンスなんだけどやっぱり良いなあって思えて。けれどそう思う度に相手の女性の顔とかツーショットがちらついて泣きそうになったり…。でも楽しかった。やっぱりキスマイ好きなんです。

そろそろファンクラブの更新期限も迫っているし、はやく言わなきゃいけないとは分かってるんだけどな。

 

ジャニーズWESTの場合。

担降りを考えてからはもう十ヶ月程、正式に降りてからは半年と少し。自担に限らずテレビや雑誌でミーハーの母親と共に他メンバーのこともべた褒めしまくるわたしだけど未だに元担のことはあまり言えない。それは罪悪感(何様って自分で思う)からなのか、未だにあの件を引きずっているからなのかは分からない。多分、どっちも。

し!か!も!前の担降り記事では書いてなかったんですけど、ジャニーズWESTはリアルで母親以外に語れる人がいない分Twitterには何人か仲良しのフォロワーさんがいるんですよ。その中で、わたしが担降り前から結構お話してて次の現場では連番しようね♡とか言ってた子がまさかの担降り後は同担になるポジションだったわけで。

意を決してLINEで「ごめん、わたし○○ちゃんと同担になっちゃった…でも○○ちゃんさえ良いなら今後も仲良くして欲しいです」的な内容を送信した。今思うと、断りにくさMAXウザさMAX。しかも○○ちゃんが同担拒否気質なのを知ってての行為。わたしも紆余曲折あって今では一応同担拒否気取っているんだけど、突然仲良しの他担からこんなLINEが来たら戸惑うなあ…。

○○ちゃんは優しくて、「わたしは担当関係なくさえちゃん個人のことが好きなんだから全然気にすることないよ」と言ってくれた。天使かな?とその時は思った。なのにわたしはそれから色々あって同担拒否になってゆく。○○ちゃんもわたしの影響を受けたのかどうかは定かじゃないけど、段々同担に対する愚痴が増えてきた。けれどお互いオフで会ったりもして、いわゆる「お互いが一番な同担」みたいな関係になった。

とはいえわたしは彼女に気を使っていた。いきなり同担宣言したのだ。もちろんわたしの方が彼女の何倍もド新規なわけで。新規古参気にしたくはないけれど、わたしが他の人を応援していた時からずっと彼女は彼を見ていた。そしてそれをわたしはよく知っている。そんなん、気を使わないわけがない…。

とはいっても、彼女が自担への愛をツイートする度に胸が痛くなったし、ファン歴であったりファンサ経験だったり、わたしが他の同担にも抱いている負の感情が彼女対しては何倍も膨れ上がるようになった。

結局色々あって(自担はとくに関係が無い出来事)彼女とは別々の道を歩むことになった。沢山理由はある。けれど、わたしの同担拒否としての感情がその中の一つであったことは間違いない。それが大きいか小さいかは分からないけれど。

 

+α

友達の友達も最近担降りをしたらしい。

しかも、ジャニーズ以外の事務所の人への担降り。もちろんその人の元担は言うまでもなくジャニーズ。

自分のこともあって、わたしは友達に「○○さん担降りしたみたいだけど…」と、それとなく聞いてみたら、友達は「その人とはこれからも仲良くしたいって思ってるけど、担降りしてから話題が無くなったんだよね。ツイートも知らない人に関するものばっかで全く反応できないし」

「本当に気の合う友達ならアイドル以外の話でも盛り上がれたのかもしれないし、私がその人の新しい担当について勉強して一緒にお話すればよかったのかもしれないけど、そこまでしようとは思えないのはきっとそこまでの関係だったんだろうなって」…とのことだった。わたしの場合、キスマイ仲間の友人達はわたしが担降りしたからといってどうこう言ってくるような人達ではないと思う。けれど、こんな場合もあるのだ。担降りを決めてからTwitterのアカウントを作り直したわたしだけれど、作り直して人間関係を一新しなかった場合こういうことも起こり得る。貴重な話だと思った。

 

ただ、わたしが優柔不断なだけの話になっちゃったんだけど、結局聞きたいのは「担降りを経験した皆さん、その後のジャニーズ人間関係はどうですか?」ということだ。アカウントを作り直したことを後悔はしていないけれど、少し寂しい気持ちもあるわけで。担降りしたのも作り直したのも自分がしたことなのにね。あと、Twitterだけならともかくリアルでちょくちょく会ってた場合の人との関係とか。最近はてブロはお留守だったんですけど、また時々担降りブログを拝見しようと思います。

一番いいことは、担当関係なく真に仲良く出来る友達を作ることだけどね!友達が欲しい!

早速作り直したジャニ垢放置しまくってるけどな!

今は専らジャニオタになる前からお世話になっているゲームにお熱です。戦う男性かっこいい。二次元は裏切らないってマジでそうだと思うわ。

※所々フェイクを入れましたが、わたしの友人含め本当にあった出来事を書いているので消してほしいとかあったらこっそり連絡ください。速攻で対処します。

 

*1:ほんとに見てたらやばい