綺麗なものだけ見ていたい

ずっと好きでいたいから

友達が欲しいだけの話(クソ長)

最近、まだ20代なのに自分のことをババアっていう人多くないですか?ババアの定義なんて人それぞれだし、見た目だけじゃなくて内面的な意味も含めてそう言っているんでしょうがどうも腑に落ちない。

確かにもう子供とは言えないし、世間では成人年齢を従来の20歳から18歳に引き下げることが決まったり選挙権が18歳から与えられるようになったりしているけれど、やっぱり10代は10代。お酒も飲めないしたばこだって吸えません。けれど20歳は違う。飲酒喫煙可能だし、他にもあらゆる責任が一気に自分にのしかかります。

けどさあ、まだ20代ですよ?ピンクのキラッキラのアイシャドウを目の下に引いたっていいし、ミニスカートやホットパンツを履いて足を出したっていいんですよ。というか極論を言ってしまえばいくつになっても好きな格好をしてもいいと思っていますし、女性が「かわいい」や「美しい」などと思われたいのはいくつになっても変わらない自然な欲求なひとつだと思うのです。TPOを弁えるのは当然として、です。

わたしは甘ロリ、まではいかなくとも普段来ている服は白や淡いピンクが多いし、レースやリボンをふんだんに使ったブラウスが大好きです。パンツスタイルは番協の時くらい。飽きるまではこのスタイルを貫くつもりでおります。男ウケは悪いしいかにもヲタクっぽいと言われることはそれなりにありますが気にしません。その格好をしている自分が好きだからです。てかヲタクやしな。

WESTivalを差し置いて半年以上ブログの更新を怠っていましたが、その間あるアルバイトをしていました。万が一のことなんてないとは思いますが一応業種は伏せておきます。理由はもちろんツアーのため、自担のグッズを買い漁るため。職場はたばこ臭いし、お友達にバイト先の話をする度によくない顔をされました。もちろんわたしのことを心配してくれていたのです。…が、世間体がよろしくない職種ほどお給料は多いものです。多分。割り切って約半年間働き続けました。そこで働いていた女の子たちはいわゆるギャル系が多く、どちらかといえばいまいち垢抜けないタイプのわたしはま〜〜人間関係に苦労しましたが…。学生だったので男性スタッフの多い遅番勤務だったのがまだ救いだったかな。もちろんそこでも、ピンクのネイルをしてAnk Rougeのバッグで出勤、何気に一番苦痛だった休憩時間もリズリサのスマホカバーを身にまとったスマホで自担を眺め気を紛らわせていたものです。

少し話がそれましたが、最近まだうら若い女の子が挙って自分のことをババアと言うのにどうしても首をかしげてしまう、ということです。ほんとはそんなこと思ってなくて、「ほらわたし〇〇くんのモンペババアだからさ〜」という具合にいい感じに自虐ネタに走ることができて使い勝手のいい言葉だから使っているだけの方も多いでしょうが。

 

そしてこれはほんの一例で、そもそも最近のジャニヲタのノリについていけないことが多いのです。でも友達は欲しいというむしのいい話。本題はこれです。

Twitterの話になりますが、Twitterにはたくさんのジャニヲタがいます。一般の方からすれば全て一括りにジャニヲタ!と纏められるのですが、当の本人たちからしてみれば、ジャニヲタはジャニヲタでもいわゆる「界隈」みたいなものがありますよね。

以前どっかの記事で書いたことがあるかもしれませんが、わたしは昔二次元ヲタクをしていまして。今でもゆるっと好きですが、本業はジャニヲタです。その名残から、わたしのいる界隈は「絵垢」界隈です。今考えた界隈名ですので名前はそっとしておくとして、「絵垢界隈」です。ようするに読んで字のごとくジャニーズのイラストを描いている人達の界隈ですね。その中には「Myojo」や「POTATO」など、名だたるアイドル雑誌のイラストコーナーに自身のイラストが掲載されている猛者もいたりして。色々賛否両論はありますが、団扇に自分で描いた担当のイラストを貼り付けたりする人も多く、最近は割と目につきやすい界隈となりました。

しかし最近…いやここ1、2年、わたしは絵を描くのが別に好きじゃなくなった。はっきりとした理由は特に思いつきませんが、強いて言うなら、他にも上手い人沢山いるしな〜別に自分で描くことないか。みたいな感じです。実際わたし自身なかなか絵が上達しません。毎日コツコツ練習するものだと思うのですが、なかなか時間が取れないのも理由の一つだと思う。あとは、頑張って練習して絵が上手になって、わたしに何のメリットがあるんだろう?なんてクソみたいな考えがでてきたこともあります。わたしは将来そっちの道に進むつもりはありませんし、大学も全く関係の無い学部です。本当に趣味でしかありません。描くことが楽しくなくなった今、趣味とも呼べません。上手くなったところで、せいぜいTwitterでたくさんお気に入りを貰えてフォロワーが増えるくらいでしょう。実際、わたしの絵をたくさんの人に見て欲しいし褒めて欲しい、という欲求も今はあまりありません。

アイドル雑誌で、わたしの描いたイラストのハガキを手に持って絵についてのコメントをくれる自担の姿を想像すると少しはモチベーションもあがりますが昔のようにはどうしてもいきません。

そして極めつけが、絵垢界隈で気の合いそうな人になかなか出会えないという話です。これに関しては、話を広げられない、リアルでもネットでも人見知りな自分が悪く、これを言ってしまうと絵垢どころかどこの界隈に行ってもダメなのは明白なのですが、ひとつ言い訳をさせてください。

これを言ってしまうと、ここまでのクソ冗長な文章を読んでくださった神様のような方ですら「うわ…読むのやめよ…」となってしまうかもしれませんが、わたしという1人のジャニヲタを語る上で欠かせない情報です。わたしは同担拒否なのです。

同担拒否についての経緯や見解を話し出すとひとつの記事が書けちゃうくらいなので割愛しますが、わたしは同担拒否なのです。ごめんなさい!すみません!石投げないでください!他の記事を読めば簡単にわかってしまいますがこの記事では担当は伏せておきますね。

絵垢で気の合いそうな人になかなか出会えないことの言い訳。それは、

同担拒否無理な人多すぎ

ということです。いやわかる!わかるんです!だってわたしも昔そうでしたから。「いや同担拒否とか頭大丈夫?アイドルよ?ファン何人いると思ってんの?同担たちのおかげであなた達の担当は飯食っていけてるんですよ?わがまますぎるでしょ。もしかしてコンサートで隣が同担な時暴言とか吐いちゃうの?」と思っていました。まさか自分がその同担拒否になるなんて。

同担のおかげで自担は飯食えてるのは百も承知だし、完全に嫉妬ですが一番苦手な「古参の同担」のおかげで自担は今日までアイドルでいられたのです。分かっていても、苦手なのです。存在を許さない、とは言いませんができるだけ目にしたくはない。コンサートで隣が同担だった時、暴言を吐くなんて物騒なことはしませんが内心へこみますし、負けないぞ、とも思います。他に連番してる人がいる時は席を代わってもらうこともあります。

絵垢ではそんな一見するとわがままな印象がある同担拒否のヲタクを好ましく思わない方が多いんですよね。別にプロフに同担拒否です!なんて書いてある訳ではなく、単に同担をフォローしていないだけだったのでわたしが同担拒否だと気付いている人はいなかったはず。そんな時、タイムラインで時々見掛ける「同担拒否とか無理だわー」的なツイート…それを見かける度にすみません…と一人落ち込んでいました。

 

あと、モンペ気質っていうのかな?自担のすることならなんでもかわいい!かっこいい!好き!みたいな人とは絶対にウマが合わない。もちろんわたしだって自担のことは大好きだけれど、「その髪型はないわ」と思うことだってあるし、なんども同じところでミスをしている姿を見ると、「そんな〇〇くんもかわいい!」とは言えず「いや頑張ろう!?」ってなる何様タイプのヲタクです。さらにそこにひねくれ卑屈属性が追加されて、「〇〇くんの髪型ならなんでも好き!」みたいな同担のツイートを見掛けるとなんだかマウントを取られている気がして…。あれ、書いててなんだか「自分の人格やばない?同担拒否とか置いといてわたし自身がやばない?」ということに気がついてきたぞ…。

 

そんなわたしは、他の界隈に足を踏み入れてみることにしました。パッと見、ヲタクとしての価値観が一番合いそうな人が多かった「量産界隈」です。なんかこう、かわいい女子ドルやモデルをアイコンにしていて「R ♡」とか「ℳ」みたいな名前にしていることが多い、鍵垢当然の界隈。タグ垢というものを作って、そこで自身のタグツイに反応してくれた人と本垢を教え合う…みたいな。

結果、単純にノリが合わなかったです。一週間で垢消ししました。本垢で繋がったあと、だいたい初めはなぜかDMでやり取りをするのですが「y」とか「り ♡」みたいな名前にしているものだから、お互いの名前をなんて呼べばいいか分からないじゃないですか。だから「なんて呼べばいい?*1」って聞く(聞かれる)→「はなこって呼んで」→「はなこ♡*2」っていうテンプレのようなやり取りがあって。それがだるかったし、〇〇担のフォロワーはひとりだけ!みたいな謎文化がキツかった。まあ嫉妬を防ぐためなのかな。わたしもめちゃくちゃ仲のいいヲタクに他の同担の親友がいたらツアーの時とか困ると思うし。けれど思ったよりも(失礼)いい人が多いかな、という印象。ただわたしに合わなかっただけ。皆が皆そうじゃなかったけれど、気が合えば実際に会うことを前提にしている人が多くて、年代や住んでいる場所が近い人と繋がれるのが嬉しかった。

やっぱり実際会ってみると仲良くなりやすいんですよね。ひとり参戦が多いので、コンサートで隣になった人が話し掛けてくれて、話も弾んでLINE交換できた時は嬉しかったな。もう疎遠になっちゃったけど。

 

そんなただのめんどくせえクソヲタクなわたしだけど、友達がほしいよー!お互いの担当の団扇や写真持ってプリクラ撮りたいしジャニショ行きたいしロケ地巡りもしたいしツアーで連番して帰りはご飯食べながら感想話したいよー!

 

っていう…。実は今Twitterから離れて、SNSはLINE以外特にしておりません。バイトも辞めたことだし近々Twitterやり直そうかなーと思いつつもどんな界隈に足を踏み入れようか悩んでてイマイチ進み出せません。やっぱり慣れ親しんだ絵垢がいいのかなあ、でも絵描かないしなあ。誰か友達になってください。久々の記事がこんなんですみません。

 

*1:タメ口はかなり最初の時点で解禁されることが多い

*2:なぜか呼び捨て